Digital Garage Group

ニュースNEWS

  • TOP
  • ニュース
  • 総合決済ソリューション「VeriTrans4G」がAIスマートチェックイン「maneKEY」に採用されました

NEW

2021.06.09

ニュース

総合決済ソリューション「VeriTrans4G」がAIスマートチェックイン「maneKEY」に採用されました

ビジネスコンサルティング、システム開発などを行う株式会社電縁が提供するAIスマートチェックイン「maneKEY(マネキー)」に当社の総合決済ソリューション「VeriTrans4G」が採用されました。

DGフィナンシャルテクノロジーは、「maneKEY」などのスマートチェックインサービスをはじめとした、さまざまなデジタルプラットフォーマーへ決済ソリューションを提供することで、キャッシュレスの側面から事業者におけるDX化を支援していきます。

■AIスマートチェックイン「maneKEY(マネキー)」

maneKEYは、非対面でのカウンター業務を可能にするスマートチェックインサービスです。AIを活用した本人認証によって、無人でのチェックイン対応が可能です。人材不足を解消するだけでなく、Withコロナに向けた「非対面での新しい接客様式」によって宿泊客と施設管理者の双方の安心・安全に寄与します。

ManeKEYイメージ

■総合決済ソリューション「VeriTrans4G」(https://www.veritrans.co.jp/payment/)

「VeriTrans4G」は、クレジットカード、コンビニ、銀行などの基本決済はもとより、電子マネー、キャリア決済、PayPayをはじめとする各種ID決済のほか、銀聯、Alipay、PayPal等の国際決済まで業界最多レベルの決済手段に対応した次世代型総合決済ソリューションです。

クレジットカード情報の非保持化に完全対応した国内最高水準のセキュアなシステムを基盤に、継続課金やカード情報更新機能などの基本機能や不正利用を防止する多様なセキュリティオプションを標準提供しています。

サービスやセキュリティ要件等が追加された場合にも、事業者負担を最小限に留める柔軟な拡張性を持つシステムを構築しているため、「VeriTrans4G」を利用する事業者は新たな決済手段の追加もスムーズに導入が可能です。

導入後は、当社管理画面で取引情報を一元管理でき、収納金はその他決済手段の預り金と一括で精算または振込されるため、新たな決済方法の追加による運用負荷を抑えることができます。

■「VeriTrans4G」採用の背景

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、宿泊業界および民泊業界は感染拡大防止策を早急に実施し、お客様と従業員に安全なサービスを提供することが求められています。

全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会が発表した「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(※)」では、デジタルツールを活用した「カード決済による非対面チェックアウト手続き」を推奨しています。

また、決済においてはチェックアウト時以外にも必要とされるケースがあり、今回の連携で、チェックイン前でも決済が可能となります。 まずはクレジットカード払いへの対応となりますが、VeriTrans4Gは電子マネーやキャリア決済、PayPayなどの各種ID決済にも対応しており、随時対応予定です。

この度のVeriTrans4Gとの連携により、maneKEYを利用する際の決済の選択肢が増えることとなりました。宿泊事業者ごとに、よりマッチした選択ができることによって、宿泊者により安全で安心な環境をご提供できることになりました。 

(※)出典:全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」

*株式会社電縁プレスリリースより引用

■株式会社電縁について(https://www.denen.com/ 

会社名 :株式会社電縁(DENEN Co.Ltd.) 

代表者 :代表取締役社長 渡辺 真生

所在地 :〒141-0031 東京都品川区西五反田1-21-8 ヒューリック五反田山手通ビル7階

事業内容:システムコンサルティング、システム開発、パッケージソフトウェアの提供

製品サイト:maneKEY(マネキー) https://www.manekey.com/