Digital Garage Group

ニュースNEWS

  • TOP
  • ニュース
  • DGフィナンシャルテクノロジー、クロスマートが開始する中小飲食店向けの決済サービスへクレジットカード決済サービスを提供

NEW

2021.07.08

プレスリリース

DGフィナンシャルテクノロジー、クロスマートが開始する中小飲食店向けの決済サービスへクレジットカード決済サービスを提供

〜クレディセゾンと提携し、クロスマートが目指す卸売業者の売掛金早期資金化を支援〜

「クロスオーダー決済」は卸売業者・飲食店間の入金サイクルを早めることで、卸売業者の資金繰りを改善し、飲食店の経理業務を効率化することが可能な決済サービスです。

■背景

卸売業者は商品を仕入れ、飲食店に納品を行っています。卸売業者・飲食店間では、納品月の翌月末に売掛金が振り込まれるサイクルが一般的です。しかし卸売業者は商品の仕入れ代金を、飲食店からの入金前である仕入れ後5営業日程度で支払っているため、キャッシュフローが悪化することが問題でした。また昨今の新型コロナウイルス感染症の影響もあり、飲食店の廃業も増加し、売掛金の未回収リスクが高まっています。

一方で飲食店側は、平均10社の卸売業者と取引があるため月末の請求が立て込み、1社ずつの支払い処理により経理業務が煩雑化していることが問題でした。万が一支払い期日を過ぎてしまうと、卸売業者との関係性が悪化し、好条件で取引ができなくなってしまいます。

このような背景を受け、卸売業者と飲食店をつなぐプラットフォームを運営するクロスマートと、約40年にわたるカードビジネスのノウハウや、約3,600万人(連結)の顧客基盤を持つクレディセゾン、1997年よりオンライン決済事業を展開し年間約3.0兆円の決済処理実績を持つDGFTが連携し、卸売業者の代金回収・早期資金化を実現する「クロスオーダー決済」を提供開始しました。

■「クロスオーダー決済」について

「クロスオーダー決済」は、卸売業者における売掛金の未回収リスクの解消・売掛金の早期資金化を実現し、飲食店の経理作業を効率化するサービスです。受発注サービス「クロスオーダー」のオプション機能であり、「クロスオーダー」を利用する飲食店はクレジットカードを登録することで卸売業者への支払いでカード決済が可能になります。なお、決済用カードは、クレディセゾンが発行するセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードをはじめとしたすべてのセゾンカードが対象です。

通常、飲食店から30日後(翌月末払い)に入金される売掛金が、「クロスオーダー決済」を利用することで、売上計上日より最短1営業日後に入金可能です。代金の入金作業が不要となるため飲食店の業務効率化につながり、売掛金の代金回収をクレディセゾンが担うため卸売業者も未回収リスクがなくなります。

■今後の展開

クロスマート、DGFT、クレディセゾンは、今後も「クロスオーダー決済」のサービス、機能を拡充し、卸売業者、飲食店双方へデジタル技術を活用した受発注業務の効率化、スピーディーな資金調達を始めとした事業支援を行っていきます。

新型コロナ禍をきっかけに、飲食業界などさまざまな業界の事業者が、新たなビジネスモデルやDX化への移行を推し進めています。DGFTは、クロスマートをはじめとした、各業界でのDX推進をサポートするデジタルプラットフォーマーへ決済ソリューションを提供することで、キャッシュレスの側面から事業者におけるDX化を支援していきます。

【会社概要】

報道関係のお問い合わせ

株式会社DGフィナンシャルテクノロジー
経営管理部

※スパムメール対策として「@」を全角にしております。お手数ですがメール送信の際は「@」を半角(@)に変えて送信して下さい。